new server web:/themes/newses/header
  • 木. 2月 29th, 2024

バイクマン ニュース

バイクパーツ・バイク用品・工具・アウトドア用品・フィッシング用品・非常食 最新情報をお届け

CT125・ハンターカブってどんなバイク? 燃費や足つき性、おすすめポイントや装備を解説します!【ホンダバイク資料室 /Honda CT125(2023)】

Bybikeman

12月 5, 2023

Hondaのラインアップする125ccモデルで高い人気を誇る「CT125・ハンターカブ」ってどんなバイク?

スペックや特徴、各部に搭載された装備をご紹介します!

スキルやバイク歴を問わず普段使いからツーリングまで楽しめる原付二種バイク!

長く「ハンターカブ」として親しまれてきたHondaの原付二種モデル「CT110」の機能性とスタイリングを受け継ぎ、2020年に新登場したのが「CT125・ハンターカブ」。

カブシリーズをベースとしつつも、レッグガードを取り払いアップマフラーやワイヤースポークホイール&ブロックタイヤ、アップハンドルに大型リアキャリアなどを装着し、タフさを強調。そのスタイリングは往年の名車を彷彿とさせつつも、現代の都会に馴染むデザインにアップデートが施されています。

エンジンは「スーパーカブ  C125」にも採用される低・中速域で力強い123cc空冷OHC単気筒エンジンを搭載。カブシリーズの特徴である4段リターン式なので、クラッチ操作要らずで初心者も扱いやすい仕様となっています。

原付二種モデルの魅力である車両重量118kgという軽さと、上半身が直立するライディングポジションのおかげで、市街地での取り回しや走行もしやすく、通勤や通学でも活躍。

アウトドアフィールドを想定して装着された前後17インチのスポークホイールとストローク量を増加させた前後サスペンションのおかげで乗り心地も向上し、休みの日にはキャリアに荷物を積載してのツーリングも楽しめます。
「CT125・ハンターカブ」は都会での普段使いから週末のツーリングまで、オーナーのライフスタイルに最大限寄り添う、シティーコミューターの枠を超えた原付二種バイクです。

CT125・ハンターカブ|メーカー希望小売価格 440,000円(消費税10%込み)

CT125・ハンターカブのライディングポジションや足つき性は?

CT125・ハンターカブのライディングポジションは、高く設定されたアップハンドルのおかげで上体が直立し、自然体で乗ることができます。
乗車姿勢の自由度も高く、街中での走行から郊外へのツーリングまでストレスなくライディングを楽しむことができます。

シート高はカタログ数値で800mmと高く感じられますが、軽量でライディングポジションの自由度が高いほか、足を下ろしやすい形状のためスペックよりもずっと足つきが良く感じるはずです。
この軽さと足つきの良さがハンターカブをより親しみやすく感じさせるポイントのひとつです。

→つづきを読む

By bikeman

【5,000円以上送料無料】バイクマンでは、バイクパーツ・バイク用品・工具・アウトドアグッズ・釣り具・ウェア・飲料の中から、お探しの商品を検索できます。カスタムパーツ、純正部品の通販、オートバイ部品に関する口コミ・インプレ情報満載の世界最大級を目指すバイクライフ支援サイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です