5000円以上で送料無料 こちらから

5分山なら安全?タイヤの残溝の見方を整備士ヨシキが解説

こんにちはヨシキです。突然ですが皆さん、ヤフオクなんかで中古タイヤを見ていると、よく“〇〇分山!まだまだ使えます!”なんて売り文句をよく見かけますよね。

けれども実際のところ、それがどれくらい溝が残っているタイヤなのかを判断するには、正直写真だけではちょっとわかりにくいですよね。ましてやそれが“○○分山”とか普段聞きなれない表現をされていたらなおさらでしょう。

結論から言ってしまえば、中古タイヤは5分山以上、できれば8分山以上の溝があれば中古でもほぼ問題なく使えるはずです。とはいえ、せっかくなら“なぜ安全といえるのか”その判断の根拠を知りたくはないですか?

そこで今回は、整備士ヨシキがタイヤの溝や中古タイヤでよく見かける〇〇分山という表現について解説します。

バイクのタイヤはどこまで使えるのか?中古で購入するときの注意点なども併せてご紹介していくので、是非参考にしてくださいね。

目次

そもそもタイヤの残り溝はどのくらいあれば安全なのか?

そもそもバイクのタイヤはどのくらい溝があれば安全なのかという疑問ですが、これには明確な基準があります。

それは“タイヤの溝に作られたスリップサインが露出していないこと”です。スリップサインはタイヤの残り溝は0.8mm以下になると露出し、これ以上溝が浅くなると排水性能が低下し、ぬれた路面でスリップを起こしやすくなります。

赤丸でしるしをつけた部分がスリップサイン。ここが平らになるまでタイヤが減ると交換の合図

一般的には溝が4ミリ以下になるとタイヤの性能が著しくダウンすると言われているので、スリップサインが目立ってきたら交換タイミングです。

基本的にはスリップサインよりも溝があればOK

よく“タイヤの溝は1ミリあればいい”とか“2ミリまではきちんと使える”といわれますが、基本的にはスリップサインが出ていなければ問題ありません。

スリップサインの見つけ方はタイヤの側面に記載された矢印マークが目印。矢印マークがあるところを辿った先の溝の中には山ができており、これがスリップサインです。

スリップサインを見つけるための矢印

最初は見つけるのが難しいかもしれませんが、慣れると簡単に見つけられるので、タイヤの残り溝が気になる方は是非チェックしてみましょう。

スリップサインを下回るほど摩耗したタイヤは法律的にも安全面的にも使用不可

ちなみに、スリップサインが露出するほど摩耗したタイヤは危険なだけではなく、法律的にも使用が禁止されています。当然そのままでは車検にも通りませんので、タイヤの残り溝が少なくなってきたなと思ったら早めにタイヤ交換を検討しましょう。

タイヤの寿命は残り溝だけではなく、総合的に判断する必要がある

また、タイヤの寿命は残り溝だけでは判断できません。

スリップサインは出ていないけれど、タイヤの端が編摩耗していては危険ですし、タイヤの製造から時間が経ち、側面がひび割れているタイヤも危険です。中古タイヤを選ぶときは溝以外にも気を配りましょう。

ただし、ひび割れに関してはエアーを入れないと分からないこともあるため、製造から4年以上経過したタイヤは選ばない方が無難かもしれません。

かすれて少し見にくいですが、“1407”と表記があるのが見えるでしょうか。これは2007年製のタイヤということになります

製造年の見方はタイヤの側面に刻印された4ケタの数字。このうち下2桁が作られた年を表します。製造年はタイヤの寿命を判断する重要なポイントです。製造年の確認ができない中古タイヤは溝があっても使えない可能性もあるので、どんなにお得でも購入はオススメできません。

よく見るタイヤの〇〇分山ってどれくらい?

では本題。タイヤの〇〇分山ってどのくらい溝があるのか?ということですが、この表現は、あくまで主観的に、残り溝がどれくらいあるかのかを簡単に示しているだけで、必ずしも正確な残り溝を表しているわけではありません。

実際のところタイヤの残溝を〇〇分山として表現する基準はない

タイヤメーカーの公式発表においてもタイヤの残溝を〇〇分山と表現することはなく、溝の深さはきちんと長さの単位で表記されています。

なので、中古タイヤの説明書きに“5分山タイヤ”と書いてあっても、実際には新品の半分ほどの溝がある確証はなく、あくまでも目安にしかなりません。

中古タイヤ、5分山といったところでしょうか

実際に残り溝を計ってみると半分も溝が残っていなかったり、スリップサインよりも下から測定していて使える範囲が少なかったりということもあるので、○○分山の表現を過信することは禁物です。

→つづきを読む

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「バイクと人を繋げる」 「ライダーのバイクライフを豊かにする」 という活動理念で運営しております。 バイク用品レビュー、ツーリング、インタビューや特集など、様々なバイクに関するコンテンツを発信しています!

コメント

コメントする

目次